アパレルで活躍をするために色彩検定をとろう

色彩検定とは、その名のとおり色についての知識や技能を
問う試験のことです。
現在人気の検定試験ですし、参加する方も年々増えていて、
若い方からご年配の方まで多くの方がこの試験を受けているようです。
私が、色彩検定を実際の仕事に生かすために受験をしてほしいのが、
アパレル関係のお仕事に就いているか、もしくはこれからアパレル業界で働きたいとお考えの方がたです。
なぜかというと、洋服を販売するときに一番大事なのは、
シルエットと配色の2点だからです。
この配色は色彩検定を受検するためには、学ばなければ
いけないことなんです。
その商品が照明によってどれだけ見え方が変っているのかとか、
どの色とどの色が補色の関係になっているのかなど、
こうした基本的な色の知識について学んでいることで、
アパレル業界で働くときにより自信をもってお客様に接客が
できると思うんです。
相談されてもその磨かれたセンスでプロの技術を提供できると
思いますので、色の知識をこちらの検定でマスターしておきましょう。